記事一覧

3手詰め♪

将棋では、最後に王様を詰ますために、終盤力が必要であり、
詰め将棋で詰め上がりの形を覚えるのも、
大事だといわれています。

今の自分のレベルは、1手詰は解けるのですが、3手詰は解けたり
解けなかったりするので、いい本を探していたら、これを見つけました。






前半の章では、上段に1手詰で下段は3手詰になってます。
上段の1手詰めを解くと、下段の3手詰めのほうは、
1手詰めの前の段階になっています。

なので、その上段の1手詰めにたどりつくにはどうすればいいかを
考えながら、詰め将棋を考えると、3手詰めもできるという、
初級者でも、考えやすいような詰め将棋になっています。

自分みたいに初級者で、慣れていない人のための
ステップアップには、かなりいい問題だと思いました。

ですが、その後の実戦編はなかなか難しいです。
後半は実戦形式で、全体図での問題になるのですが、
持ち駒も色々あるので、何の駒を使うか考えなければならないし、
駒は余ってもよいし、最後に駒を取りながら詰ませてもよし。
と、いうなかなか実戦的な問題になっています。

本当に実戦と同様な読みが必要とされます。
実戦では駒が余ることも多々あるので、パズル的な
詰め将棋よりは役に立ってるような気がしました。

この本で少しは実戦詰み力が上がればいいのですが・・・




ペタしてね




将棋3手詰入門ドリル-簡単な問題から実戦形式まで、反復して「勝つ形」を覚えよう! (池田書店.../池田書店
¥1,026
Amazon.co.jp

コメント

コメントの投稿

非公開コメント